既成概念に捉われない物の見方をしようとしているのだけれど、その度に自分はものすごく既成概念に捉われているなあ感じる。

常に自分に、本当にその見方でいいの?ということを問うてゆこう。