明日もまた、同じ日が来るのだろう。幸福は一生、来ないのだ。それは、わかっている。けれども、きっと来る、あすは来る、と信じて寝るのがいいのでしょう。(女生徒/太宰治/角川文庫)

幸福は来なくとも、寝れば気持ちは晴れるはず。おやすみなさい。