読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由律俳句

眼鏡だけジョン・レノン 蕎麦屋の前でチョコ齧る 多分、宇宙に出た瞬間と似ている 下から満ちてゆく月 空の青、雲の白とキリンの赤

うちゅう

ああ うちゅうがぼくを みている (せんねんまんねん/まど・みちお/工藤直子編/童話屋) まど・みちおさんの、いちばんぼしを読んで涙がこぼれそうになった うちゅうと人間が繋がっているような、うちゅうが人間を優しく見守ってくれているような、そんな気が…

2月21日 春の雨は、私を甘い気持ちにさせる 土の優しい匂いと、バスの窓を打つぱらぱらという音。過去の出来事がうつくしい思い出となって蘇ってくる。幻想的な夢のような思い出。 2月22日 ・春になったら、まどさんの詩をポッケに入れてお散歩したい(あった…

型と器

ちゃんと自分の言葉で思っていること考えていることを伝えられるようになるぞ ぐしゃぐしゃでもいいから、型になんてこだわらなくてもいいから 伝えることが大事なんです 型になんてこだわらなくていい、と言ったけど、あまりにも型がないのは伝わらない だ…

少しだけ、短歌のハナシ

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水の詠んだ一句 孤独で、すっとしていて美しい そして「あお」の文字を空と海とで使い分けることでそれぞれの様子の違いを表しているのがすごい ・空の青 澄んでいて爽やかで、突き抜けているよう…

寒い日

今日はきーんと寒い1日であった やっぱり冬はこうでなくっちゃ 雪が降れば、いいのになあ

冬の旅

今ここをうつりゆくものはなに、今ここをわたしとうつりゆくものはなに、今ここをともにうつりゆくものはわたしのなに。 部室にあったのを見つけて、ちょっと気になり持って帰ったエルフリーデ・イェリネクの冬の旅。黙読すると寝てしまいそうな気がしたので…

蛮幽鬼

昨日夜寝る前に、ゲキ×シネ 蛮幽鬼を観た 寝る前にものすんごいものを観たな…!熱が冷めなくて、なかなか寝つけなかった 殺陣のシーンとか、痺れるぐらいかっこよくて興奮しっぱなしだった! 堺雅人の役がよかったなあ 微笑みながら人をたくさん殺しちゃうの…

したしみ

文・堺雅人を読んだ はじめの文章に堺さんの高校生時代のことが書かれていて、それに、したしみを感じた 堺さんは演劇部だったらしい わたしも演劇部に入っていたもので、部室のこととか、形は全然違うのだけど、雰囲気が一緒だなあと思って、なんだかうれし…

秘密基地

講堂の裏にある、秘密基地みたいな場所 細い階段を登ると辿り着くその場所には5年間お世話になった 学校で1番広い部室 でも、冷房がないので夏は暑くて冬は寒い 本と台本と演劇ぶっくがいっぱいあって、よく、ぱらぱらと見ていたな 落書きのある木の机、ベン…

あたらしい手帳

5年間部活お疲れ様、ということで母にあたらしい手帳を買ってもらった MDノートダイアリー1日1ページ シンプルなデザインと、余白とtodoリストがたくさんあるのが良き でもなによりもたまらないのは文字の形です 惚れ惚れする そしてこの手帳、私が行ったお…

薬指の標本

薬指の標本 「自由になんてなりたくないんです。この靴をはいたまま、標本室で、彼に封じ込められていたいんです」 この言葉を主人公は、夢見心地のふんわりと甘い気持ちに包まれて、だけど揺るぎない意志を持って言ったの、だろうか 靴は、彼女と彼女の愛す…

青春の煌めき

いつ高 vol.03 すれちがう、渡り廊下の距離って を観てきた 役者さんとの距離がすごく近くて、見ごたえがあったなあ。 そして会話が自然で違和感がなかった 本当にああいう会話、ありそうだもの 日常に近くて、だけど日常とは違ってちょっぴり贅沢した気持ち…

カッコいい

小林賢太郎戯曲集CHERRY BLOOSOM FRONT345 ATOM CLASSICはカバーを外すとかなりカッコいい もちろんカバーがかかっていてもカッコいいんだけど、それ以上にカッコいいんです ラーメンズのコントがシンプルでシュッとしているように、この戯曲集もシンプルで…

たい焼き食べた

学校帰りにたい焼き食べた 商店街を歩きながら ずっとしてみたかったんだ 冷たい私の手の中に、あったかい、たい焼き

Fantome

後輩にFantomeを貸してもらった 朝ドラの主題歌と、アルプスの天然水のCMで使われている曲がいいなあと思って、最近宇多田ヒカルが少し気になっていたのだ それと、林檎さんとコラボした、ということでも気になっていた なのでとっても嬉しいです さあ、寝る…

今日のこと

かわいいイギリスガール イギリス行ってみたいな、海外デビューはイギリスがいい 今日は1日家でのんびりしていた でも本当は早稲田祭に行きたかったのよ…!志磨遼平氏の講義、めちゃんこ聴きたかった… あんなにも優雅で華と色気があるバンドマンって、彼しか…

金平糖

金平糖はこの世で一番小さな星なんだよ

読書の秋

一目惚れして買った栞 あ は、形がかわいらしい。それと、自分の名前の始まりの文字ということもあって あ が好きだ。 今は岡本かの子の全集を読んでいるのだけど、彼女の作品の艶っぽさと栞の赤い紐はよく似合う。 せっかく素敵な栞を買ったのだし、もっと…

カメラとみなとみらい

友達とみなとみらい巡り カメラを持ってふらりと 私は一眼、あの子はミラーレス 花、葉っぱなどの植物から 車の行き交う通り、観覧車などの人工物まで いろんなものをレンズに収める レンズを通した景色は私が実際に見ているものとは少し違うけれど、それは…

サンタさんの絵はがき

おばあちゃんが絵はがきをくれた なんてかわいいサンタさんなのかしら かなり早めのクリスマスだね… おばあちゃんにはもう当分会えないと思っていたので、会うことができてうれしい

お腹から音がしたはなし

お腹のあたりから、カシャンカシャンと小さな音が聞こえる。なんだろうか。気になって服を捲り上げお腹を見たら、ねじのようなものが2つくっついている。そしてお腹を触ってみたら、固くなっているではない か。一体自分の体に何が起きているのだ。とりあえ…

はんぶんのあんぱん

私はあんぱんが大好きだ お母さんが昨日あんぱんを買ってきてくれた。本当は今日の朝ごはんのときに食べたかったのだが、あまりお腹が空いていなかったので食べないで学校へ行くことにした。 「お母さーん、このあんぱん残しておいてね。帰ったら食べるから…